人気ブログランキング |


 大村亘 ドラマー/作曲家 


by koomuraa

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
iNtErViEwS
thoughts
InDiA
cD rEvIeWs
LeSsOn
mUsIc
tRaVeLs
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 09月
2019年 05月
2019年 02月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 03月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2010年 10月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

CAMPFIRE掲載のクラウ..
at 2019-12-12 17:13
タブラについて
at 2019-12-11 09:22
AIR Splash魚津20..
at 2019-09-21 16:22
ソロ後記
at 2019-05-24 13:52
物乞い老婆とお寺
at 2019-02-18 16:50

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
海外生活

画像一覧

ソロ後記

ソロコンサート無事終了しました。

ドラムセットのみならず打楽器は一般的にタイムをキープしたり、アンサンブルの中で伴奏に回ることが常です。伴奏のスタイルも、インタープレイが豊富で一見自由なものから、ビートを刻みバンドの土台を担うものとアプローチする音楽に因って異なります。そんな中で他の楽器に混ざる音色、周りの楽器と演奏する場に合う的確な音量選び、それらをコントロールするタッチ、余白の扱い方、音楽全体のペーシングなど、書き始めたらケアしなければいけない事は多岐に渡ります。そういった点を考察する上で育まれてきた自分なりの感性というものは何処かに蓄積されていて、その素材だけで音楽を創り始めても良いかなと考え始めました。

リズムはありふれた日常に溢れています。

時計の針、デジタルの数字で刻まれる時、今日から明日の間、食事のテンポ、交差点で交わる人々の足音、
といったミクロなものから、
生と死、
季節の移り変わり、
ある種が宇宙のサイクル中で誕生し進化しては消えていくその様。
そんなマクロなイマジネーションも時間や周期の中での現象であり、それがリズムそのものであるようにも感じるのです。

個人的にはそれらの現象に内包されるものをハイハットの渇いた音粒の中で見出していきたいし、スネアドラムの音色から人間のあらゆる感情や哲学を抽出したい。そして、バスドラムの発する低音部の周波数の中にまだ人類が解明していない宇宙の構図を垣間見る事が出来たら良いなと想像しています。
このような事を言葉で紡ぐ事に少し戸惑いがありましたが、自己の精神と自分が肉体として存在している空間を旅する中で何年か後に見返した時の為に、出発点を記録しておきたかったのです。

この考えは自分の手元を離れ、人の手に渡った時にどう伝わるかはわかりません。しかし、自分の中での思考がクリアになればなるほど、他人にどう受け取られようが気にならなくなってきました。
特に最近、そう感じます。

演奏当日は意外にも多くの方がその音楽に身を委ね、遠方からも耳を傾けに駆けつけて頂き、終演のちも沢山暖かい感想を頂きました。

次はいつになるかわかりませんが、また年内に演奏出来ればと思います。

貴重なお時間ありがとうございました。
e0210611_13523822.jpeg

by koomuraa | 2019-05-24 13:52 | thoughts | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://koomuraa.exblog.jp/tb/28334477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。