人気ブログランキング |


 大村亘 ドラマー/作曲家 


by koomuraa

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
iNtErViEwS
thoughts
InDiA
cD rEvIeWs
LeSsOn
mUsIc
tRaVeLs
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 09月
2019年 05月
2019年 02月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 03月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2010年 10月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

消費される音楽。そうでない音楽。
at 2020-01-07 18:20
CAMPFIRE掲載のクラウ..
at 2019-12-12 17:13
タブラについて
at 2019-12-11 09:22
AIR Splash魚津20..
at 2019-09-21 16:22
ソロ後記
at 2019-05-24 13:52

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
海外生活

画像一覧

物乞い老婆とお寺

ムンバイは熱帯なので、街中の木々が本当に豊かです。
ココナッツの木や、ピーパルと呼ばれる木、バオバブっぽいものも含め元々ある木々と後で植えられた外来種がごちゃごちゃに入り乱れています。

そんな中、太陽が燦々と降り注ぎ、木々の葉の間から零れ落ちた太陽の光が影と仲良く踊り、地面にあらゆる模様を描いていきます。

散歩するのに楽しく無いわけがありません。

なので、インドにいる時はよく散歩をします。
単純にどんな街も歩く程より深く知れるものはないと思うので。

さて、そんな気持ちの良い環境の中で小さなお寺が見えて来ました。
上機嫌で太陽の温もりを身に纏って自然の恵みに感動してる最中、そのお寺の目の前で老婆が物乞いをしてるのを発見しました。

なるほど。
お寺の前でお金くださいと陣取るのね。
信心深い人の心を揺さぶりながらお金を稼ぐんだ。
強かだな。
意地汚いのかも?

等、色んな思いが脳裏をかすめて行きました。

その一瞬の隙をついて、

『そこのあんた!金置いていきなさいよ!』

とガミガミのしゃがれ声で怒鳴られ、やはり意地汚い老婆なんだなーと思いながら通り過ぎて行きました。

しかし、
数歩歩いてみてふと違う思いが湧いてきました。

実際に困っているのは生きてる生身の老婆。
中は綺麗に祀られた神聖な祭壇。
人々は自分が創り出したイメージの具現化にお金を払い、目の前の自分と同じ人間にはなかなかお金をあげない。

逆に。

その老婆が神の化身なのかなと。

お寺に納めるお金を、目の前の本当に困って苦しんでいる人に全て無償で与える人はどれだけいるのだろうか?
神に賽銭するのは自分の願い又は欲を満たしたい行為の一つ。それを犠牲に路上の老婆へお金をあげるのだろうか?
インドはカーストが根強い。路上に居る人は自然と階級の低い人々という認識、偏見が強い。
それらのバイアスを払拭してその状況の中で老婆を見つめると、人間社会の矛盾への問いを投げかけてくる存在に見えてきました。
故に神様の化身なのかなと。

自分がもしお寺の神様だったら、彼女に乗り移って通り過ぎて行く人々を観察していたに違いない。

そんな事をふと思いながら清々しく晴れたムンバイの小道を更に奥へと進んで行きました。
物乞い老婆とお寺_e0210611_17253473.jpeg

by koomuraa | 2019-02-18 16:50 | InDiA | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://koomuraa.exblog.jp/tb/28017551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。