大村亘 ドラマー/作曲家 


by koomuraa

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
iNtErViEwS
thoughts
InDiA
cD rEvIeWs
LeSsOn
mUsIc
tRaVeLs
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2010年 10月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

魚津ミュージックキャンプ20..
at 2017-09-26 00:20
You Already Know
at 2017-06-23 15:44
5度目のインド
at 2017-04-26 00:20
新宿PITINN
at 2016-12-18 11:25
先生について
at 2016-05-07 23:54

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2017年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

You Already Know

Bungalowの第四作、『You Already Know』の発売記念ツアーが間もなく始まります。

長年Bungalowを応援して下さっている方々は既にその音を吟味し各々の感想を抱いてくれていると思います。

『音楽は音楽のままで良い。』

という、いわば純ミュージシャン的な見解はよく見受けるところですが、
ものの本質を考えると、思考の中である種の言葉をフィルターに音楽を見つめる、または音楽がある種の言葉とカップリングされて己の中に入ってくるのはとても日常的な事だと思います。(それは印象に残った映画の台詞の背景に鳴っていた音楽であったり、自分の中のモノローグに合う音楽が好きになったり等。)人間の感性は五感からその先(第6感、7感。。。)も含め互換性があるものです。視覚を刺激する聴覚があり、味覚を刺激する嗅覚があり逆もまた然り。直感を刺激する直感があったり。。。

少し回りくどいですが、前置きはこれくらいにしておき、本作品を僕の言葉で少しだけ説明する事に対しての前置きと解釈して頂けたら嬉しいです。




額縁の無い一枚の大きな絵画が存在したとして、それが無重力空間にバラバラに飛び散り、無数のピースが空間を漂っていると想像して欲しい。


この世界に生を受け、個として存在しているとはそう言う事なのかもしれない。


ある朝電車に乗るとする。特に満員の通勤ラッシュを狙うと良いかもしれない。

そこには自分の人生と接点の無いと思われる無数の人々が幾多の感情や念を『見えない』キャリーバッグやリュックサック、スーツケースで運んでいる。その中身の実態は皮肉にも表情か眼差しに宿り外界へ見え隠れする。その見えない何かに触れ合う瞬間、こちらも目に見えない感情を刺激される。相手の何かに自分を投影すると言った方が良いかもしれない。それはパズルのピースが刹那的に接着する感覚と似ている。言葉は交わしていないのに、相手の発している何かに反応して、その人の人生の断片を疑似体験してしまう。刹那的に繋がったパズルのピースは、その相手が既に繋がっている別のピースがどのような模様をしているのかさえ、自分の中で描写してしまう。その描写が妄想という域を脱さなくても、イマジネーションが生き物の様に呼吸しているあり様を感じ取れる時程、『生きてる』、と実感する事は無いのかもしれない。

   

ムンバイの駅のプラットホームで股関節から湾曲し、脚が『運命の車輪』の様に絡まり、胴体ごと転がりながら物乞いをする人に遭遇した。その肉体の有様に度肝を抜かれると同時に彼の澄んだ瞳は、自分の受けた『生』をありのまま受け入れているとしか思えない様だった。自分の勘違いなのかもしれないが、何故か寒い日に飲むけんちん汁が五臓六腑に染み渡ると感じる程、腑に落ちた。先述の満員電車の中でスマホやタブレットを目的も無くただ眺める人の瞳より、生命力に溢れていた。人生の時間にしたらほんの一瞬の遭遇かもしれないが、不平不満が蔓延する現代社会では稀に観る瞳に自分の感情はくすぐられた。妙な共感が時間を超えて、その人の人生の別のパズルのピースと繋がった。もしかして、自分は彼だったのかもしれない。はたまた、次の人生で自分が彼になるのかもしれない。その彼と目を合わせた時間には過去も未来も存在せず、ただ、その時に感じ取った印象的な何かに想像力が点火された。

   

輪廻というものの断片を観た気さえもした。

   

東京のとあるバーでワインを飲んでいた。葡萄の種類はピノノワールでカリフォルニアのものだった。薄皮で繊細な葡萄であるピノがどの様な気候で育ってどんな人達の手に因って実を摘まれ樽で熟成して行ったかを想像するだけで、その場に居る筈の自分はそのまま佇んだまま、幽体離脱した自分が葡萄に生まれ変わりまた違う誰かに飲まれ、生命が循環しているサイクルの断片を味わえる気がする。

   

これも輪廻のコンセプトなのか?

 

はじめに飛び散ったパズルのピースは個であると同時に、個では無く全体の一部分でありそれがまた大きな個を形成していてそれが無限に広がっている。自分の内側を掘り起こし、覗いてみると果てしない意識のタペストリーが広がっていて全てと繋がっている。


そんな感覚を一人一人に体験して欲しい。


Bungalow 4作目 You Already Knowはそんな想いが詰まった音楽です。


[PR]
by koomuraa | 2017-06-23 15:44 | thoughts