大村亘 ドラマー/作曲家 


by koomuraa

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
iNtErViEwS
thoughts
InDiA
cD rEvIeWs
LeSsOn
mUsIc
tRaVeLs
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2010年 10月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

魚津ミュージックキャンプ20..
at 2017-09-26 00:20
You Already Know
at 2017-06-23 15:44
5度目のインド
at 2017-04-26 00:20
新宿PITINN
at 2016-12-18 11:25
先生について
at 2016-05-07 23:54

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Bungalow 一段落

山本昌広さんとのBungalowとしてのラストライブを終えて。

昨夜は立ち見でギュウギュウ詰めになるほど大勢の方々に来て頂いて感無量でした。
昨夜並んだ楽器は、グランドピアノ、フェンダーローズ、ウッドベース、ソプラノ、アルト、テナーサックス、ドラムセット、タブラ。とても豊かな音色を4人で織りなせたと思います。

何百キロ離れた遠方からの来客も数名あり、この4人で創って来た音楽に聴き手は各々色んな意味を見出してくれていたのだなと感じ取れた気さえもします。

各々が色んな意味を見出すというところを掘り下げてみると、
人間が音楽や芸術に携わるのは何故でしょうか?
趣味趣向は100人100色。
創る側も、受け取る側もその活動自体は空いた腹も満たさず、住む家も立たず、
冬を凌ぐ防寒も出来ません。
なのに、人間の歴史の営みの中で絶えず親しまれてきました。

ある人にとっては、

その音の激しさが、アドレナリンを刺激するのかもしれません。
その音のぬくもりが、乳飲み子の時に聴いた母の子守唄の質感の様なものを無意識に連想させ、懐かしく感じるのかもしれません。
その音の切なさが、孤独と向き合いながらも乗り越えて来た自分を慰めてくれるのかもしれません。
その音の摩訶不思議さが、未だ見た事の無い世界への誘いの扉の様な予感がするのかもしれません。

音に感じる親しみの理由は千者万別。

いずれにせよ、これらは肉体世界では実態の無いものでありますが(触れない、お金では買えない)だからこそ、心の中ではリアリティのあるものだと思うのです。

人は文字や、紙幣、はたまた口頭の言語の発達に至る前に音の高低や、リズムでコミュニケーションを取っていました。自分が伝えたい事、受け取りたい事は原始的なところで音楽の形態と通ずるもがあると思います。音を出せばそこに音で帰ってくる。人が人らしく会話する最もシンプルな過程への切望は、情報が多く物質社会のピークに向かう現代社会においても確かに存在すると感じています。

故に音楽や芸術において何かしらのスタイルや、カッコいいファッション等というものは後天的なものだと4人はどこかで解っていたと思います。

だから、Bungalowはスタイルにこだわっていませんでした。

各々の感性を有機的に発信出来る心地いいプラットホームにしようじゃないか。
という願いを込めて発車した乗り物です。
勿論、影響を受けてきた、音楽家、作家、芸術家、哲学、思想、環境はありましたので、必ずしも滑らかに合意出来ない部分もありました。生まれも生い立ちも違う4人が一緒に居る訳ですから。
それを見据えても混ざりあって、アルバムも創れて来て本当に幸せでした。

それがこの時代を生きる若者にとっての正直な音楽だという自信は、このバンドを通じて付いて行ったと思います。

そんなグループの乗組員が変わります。
Mike Rivettの加入によって山本昌広さんと創って来たものとはまた全く違う世界に進んで行く事でしょう。
人が変わる訳ですから当然。
それでも水のように、有形でも無形でも滑らかに流れて行く自然の恩恵物のように、
宮本武蔵が五輪書で諭した有構無構の教えのように、
このバンドは進んで行きたいと思います。

まささん、いままで本当にありがとう!
[PR]
by koomuraa | 2014-12-22 15:04 | thoughts