大村亘 ドラマー/作曲家 


by koomuraa

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
iNtErViEwS
thoughts
InDiA
cD rEvIeWs
LeSsOn
mUsIc
tRaVeLs
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2010年 10月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

魚津ミュージックキャンプ20..
at 2017-09-26 00:20
You Already Know
at 2017-06-23 15:44
5度目のインド
at 2017-04-26 00:20
新宿PITINN
at 2016-12-18 11:25
先生について
at 2016-05-07 23:54

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2016年インド滞在を振り返って

毎回インドに来て驚かされる事は、

いままで経験した事の無いなにかを見せてくれること。

それだけこの国がありとあらゆる社会の層、人種、それに伴う色彩豊かなな文化と言語で溢れているという事でしょう。

ふと気付くと自分は、
グジャラート人の家に下宿しており、
先生の一家はコンカニー人、
仲良くなった友人達はマハラシュトラ人、ベンガル人からケララ人まで多彩でした。

良く観察すると、それぞれの人種的特徴もあるし、勿論言語は違う。

なのでインド内ではヒンディー語は英語の様なもので、インド人同士、英語がだめならヒンディー語逆もまた然りとデフォルトの公用語が二つでバトンタッチしてる光景が観察出来ます。(勿論南インドに行くとヒンディーはあまり使われてないので話が変わってくるのですが)。

そんな中人間観察に最適の場所の一つはムンバイの電車。色んな階層の人々が乗り込んできます。
僕はいつも2等で移動してるので、乗ってくる人たちのバリエーションはことさら豊か(2等列車の切符は激安なので)。

そんななか盲目の唄うたい兼打楽器奏者と遭遇しました。

言葉で音楽の素晴らしさを語るのは非常に難しいのですが、なぜなら言語の擁する特徴やルールがどこかで音楽の源泉にフィルターをかけてしまう場合があるので。しかし、この人については自分なりに描写してみたいと思います。

ドールという両面太鼓を首からぶら下げた彼は自分でリズムを打ち出しながら歌っていました。

そしてその音楽の純粋な事。

心臓を鷲掴みにされて、涙腺を絞られる様な感覚。

そんな感覚に襲われました。

ただただその場に居る彼の音楽に一瞬で入り込んでしまいました。

魂が裸。

その周りにいた人々も彼の音楽に何かを感じたのでしょう、次々に盲目の彼のポケットや手にお金を恵み始めました。

お金を貰い始めても彼は歌う事を止めません。
そして、よく見ると光の入らない彼の目からす〜っと一線の涙が頬を伝うのが見えました。

その瞬間僕の頭の中には色んな事が巡りました。
盲目の人がムンバイでなんとか電車に乗り込む苦労。
日々の生活で容赦のない環境で感じるストレス。
ギリギリの貧困の中で太鼓と声しか無いのでその中で精一杯音を出すこと。

人としての彼の噛み締めてる酸いも甘いも全て音にぎっしり詰まっていました。

様々な逆境の中での報酬として、見えない知らない人々にお金を貰う喜びの涙だったのかもしれません。
終わったら深々とお辞儀をし、降車して行きました。

あまりにシンプルで美しくて僕は暫く茫然としていました。

ここまでただひたむきに音を出せる事ってなかなか無いなと。
世界の厳しさ、醜さを沢山経験しても、音を出す時は無邪気な子供の様に居られる。
そして、ほんのわずかな報酬でも喜びの涙が溢れる位、自分にとって必要最低限の環境の中で心のそこから幸せを感じる瞬間があるという事。

人として自分にも他の人の中にもこのような事を見出せたら幸せだろうなと思いました。

この世界に身を置いてると、知らず知らずのうちに常識やルール、自分の敷いてしまったこだわりのレールまたは他の人に敷かれたレール等に捕われてる事さえ気が付かずに一生を終える事もあるでしょう。

そんな目まぐるしい世界の中で、時間が止まり、ふと大切な何かに気付かせてくれる瞬間がインドには沢山あります。

目を凝らして自分が歩んでる道を幽体離脱した様な感覚で眺められる瞬間というか。なんというか。

絶望も希望も悲しみも喜びも表裏一体のコインの様に。
そんなコインが空中でくるくる回りながら四方八方に浮いてる様な光景が広がってる様に感じます。

今回の滞在を終えてみて、
突き詰めれば突き詰める程、自分の無知に気付かされます。

なので、まだ僕はこの国について何も知らないのかもしれません。
なので、きっとまた戻ってくるでしょう。

感謝の気持ちだけこの土地に残して。
[PR]
by koomuraa | 2016-03-22 13:04 | InDiA